自動車ドアガードとは?

一口に自動車ドアガードと言っても様々な種類、形態の物がありますが主に自動車のドアの端部に取り付けて開閉の際の傷や塗装の剥げ落ちから保護するために取り付ける部品の総称となっています。
シールでドアに貼り付ける小型タイプの自動車ドアガードが安価でお手軽ですが、それだけにやはり保護面積も少なく知らない間に外れてしまう場合もあるので信頼性が乏しく思えます。
しかし最も種類が豊富でLEDで光るようなものやメッキでコーティングされたものもあり、装飾といった観点からすれば選択肢の一つでしょう。
ドアの縁に嵌め込むタイプの自動車ドアガードは前述したデメリットもなく、ドアの長さに合うよう調節できますので様々な車種において汎用的に使えるメリットがありますが単色のものが多く装飾としては貼り付けタイプの自動車ドアガードと比べると種類が乏しくあります。
他にもフィルムでドアを覆うタイプの物があり透明で目立たず任意の部分に貼り付けることができ、更に別のタイプの自動車ドアガードと併用することによって保護性能を向上させることができます。
愛車を不意の傷から保護するためにも自動車ドアガードを使いましょう。